FF14

ルビーウエポン討滅戦感想とストーリーまとめ【ウェルリト戦役】

後半にネールが登場してびびった。マシンからでかい人が出てくるとかエヴァかな?

ぶたさん
ぶたさん
全滅しても後半からスタートする優しい仕様。

ウェルリト戦役ストーリー

ガイウスとラウバーン

原初世界に戻ると、ラウバーンとガイウスが再開しており、ガイウスから帝国でアルテマウェポンの後継が作られてることを知らされる

かつてネールがリーダーだった『第Ⅶ軍団』が製造しており、ルビーウェポンが現在アラミゴに侵攻している模様。

ガイウスに協力を頼まれ、ルビーウェポンを撃破するヒカセン。ルビーウェポンの中からネールが出てきたことに驚くヒカセンとガイウス。

撃破後ガイウスが昔保護した孤児たちが現れる。ガイウスのことを「義父上」と慕っており、彼らがアルテマウェポンの後継制作に関与していた。

ルビーウェポンに搭乗してたのは孤児仲間の「ミリサンディア」。合流したシドがコックピットを調べたら彼女はルビーウェポンのコアと融合しており人の形を成していなかった。

孤児たちはガイウスのことを慕っているが、ミリサンディアの犠牲をムダにしないべくウェポンの製造は止めない。次はレックスの搭乗する「サファイアウェポン」が侵攻してくるらしい。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。